気になるむくみはお茶から解消|豊富なミネラルで老廃物を追い出そう

更年期に起こる症状

水と薬

更年期に起こる症状

更年期障害は、主に更年期の女性に訪れる様々の心身の不調、不定愁訴のことを言います。その原因は、加齢に伴うホルモンバランスの変化だと言われます。加齢と共に卵巣機能は低下していきますが、それがホルモンバランスを乱します。ホルモンバランスが変化すると、自律神経失調を引き起こします。また50代あたりで起こる環境変化もストレスになります。ストレスが増加すると、自律神経失調症やうつの症状を呈することがあります。それらを更年期障害と呼ぶこともあります。更年期障害の症状は、主に発汗・のぼせ・肩こりといったものですが、中には大きな疾患と同様の症状が見られることもあります。その場合、念のため複数の診療科を受診することをお薦めします。

治療法

更年期障害の治療のためには、生活習慣・環境改善が求められます。ホルモンバランスを整えるためです。例えば、早寝早起きをすることで、女性ホルモンの分泌が増えます。また質の高い睡眠によってメラトニンやセロトニンの分泌も増えます。そうしてホルモンバランスが整うことで、自律神経も正常化されるのです。更年期障害の治療には、薬物治療やホルモン治療があります。ホルモン治療は根本的な治療となる場合も多く、適切に行うことで最も効果を発揮します。薬物治療は自律神経失調や、鬱症状の緩和をはかるのが目的です。薬の他には、サプリメントによる治療もあります。それもホルモンの分泌を促す上で効果的です。更年期障害は、誰にでも起こり得る症状です。そして規則正しい生活をして、ホルモン治療や薬物治療を行うことで、誰でも改善できる症状なのです。